銀座に関する書籍2021年4月30日

街路樹の葉が青々と生い茂り、あざやかにうつるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は皆様がステイホームで楽しめる、銀座に関連する書籍をご紹介したいと思います。

 

「銀座の朝」岡本綺堂 1901年

明治34年、銀座の朝の様子を描いた作品。

文体からも歴史を感じることができます。

 

「江戸前の旬」原作:九十九森 1999年

こちらは漫画の作品で、その後テレビドラマ化された作品。

高校生の少年が寿司職人を目指す物語です。

 

「銀座の喫茶店ものがたり」 村松友視 2015年

銀座の喫茶店の情報がつまった作品。

この作品を読めばあなたも銀座の喫茶店に詳しくなれるでしょう。

 

連休が始まり、おうちで過ごす時間が増えそうですね。

皆様、どうかご自愛くださませ。