銀座の柏餅2021年5月3日

 

折し皮

ひとりで開く

柏餅

山口誓子

 

青葉若葉を、爽やかな風が吹きわたる

心地良い季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は個人的に、この「皐月」が一年で最も好きな月です。

皐月という旧名の由来は、幼い稲の苗(早苗)を植える、「田植え」の時期が5月であることから、「早苗月」が短縮されて「皐月」になったと言われている様です。

さて、端午の節句を数日後に控えていますので、今日は銀座でオススメの

「柏餅」を頂ける和菓子屋さん2件をご紹介したいと思います。

 

とらや銀座店

中央通りに面している路面店で、室町時代に創業された老舗です。

柏餅は御膳餡と味噌餡の2種類で、お値段はいずれも303円。

 

銀座あけぼの

銀座駅A1出口を出てすぐのところにある「銀座あけぼの 銀座本店」は、終戦直後に誕生した人気の和菓子店です。

知る人ぞ知る 裏通りに面した入口から入店すると常連さんがご利用される閑静な空間に導かれます。

 

目抜き通りの店頭とは違う別世界の「特別感」を味わうことができるので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?