銀座ハチミツプロジェクット2021年6月5日

紫陽花に

雨音だけが

蕭々と…

 

「銀座ではちみつが採れたらおもしろい」という一言から始まったという「銀座ハチミツプロジェクト」。

最初は、この大都会の銀座でハチミツ生産というミスマッチ、誰もが思いもつかなかった奇想天外なアイデアでした。

しかし今では「銀座のハチミツ」は銀座ブランドとして定着し、

「まろやかな」風味と品のある甘さを醸し出しているハニーとして、多くの食通の間では高く評価されています。

銀座には「銀座ルール」があり、文化の維持に貢献する建物以外、全ての建物は高さ56メートルまでと決められています。

その為、屋上緑化運動も盛んに行われていて、その緑化運動のお陰でミツバチが訪れる屋上が増えてきたということです。

ある意味、

「銀座と女王蜂」は

運命的な出逢い。

この出逢いを信じてきたロマンティックなストーリーなのかも知れません。

このプロジェクトを推進している「銀座ハチミツプロジェクト」理事長の高安さんと「銀座の街研究会」の田中さんのお2人の想いが詰まった銀座ハチミツプロジェクト。

是非皆様も一度、銀座のハチミツを味わってみてください。