安平神社@銀座2022年1月6日

読んで字の如く、

安泰と平和を守る神様と言われています。

 

江戸時代には新庄美濃守邸の

屋敷神として祀られ、

 

明治になって料亭「万安樓」の敷地内で

「安平神社」として祀られたと伝えられます。

 

万安樓跡地に建てられた

「銀座タワー」の片隅で、

 

今も屋敷神・地主神として

見守り続けていると考えられます。

 

一丁目の鎮守の神様として、

一度お参りに行かれてはいかがでしょうか。