宝珠稲荷神社@銀座2022年1月11日

昭和通りと並行して走る

木挽町通りに「宝珠稲荷神社」はあります。

 

その歴史は古く、

1615年(元和元年)頃、

 

板倉内膳匠重昌の江戸屋敷内に、

家内安全・火除の神として祀られたことに始まります。

 

その後、譲渡を繰り返したのちに

地元木挽町の氏子に寄進され、現在に至ります。